ボランティアをおすすめしない理由・・・

自分自身たくさんのボランティアをし、貴重な体験もたくさんできたけど、、、

とても辛い思いもたくさんし、深い深い心の傷を負いました。

下の記事をもっと早く読んでいれば。。f(^^;;)

でもそのおかげでこの記事の大事さ、ボランティアの真実が肌に染みて感じます。

様々な体験できたことは本当に良かったです。

記事の内容を元に簡単にボランティアの問題点をまとめるとこんな感じです。

(今現在誇りをもってボランティアをされてる方には辛い内容になってしまうかもしれません。。)

自分の体験や感覚も入ってます。

・エネルギーの対価が発生しないので平等でいられなくなる

・やってあげてるんだという気持ちが芽生えてしまう

・だから無意識につい感謝や、喜ぶ顔を求めてしまう

・けど、感謝がなかったり、喜ぶ顔を見せてくれかったり、来て当たり前みたいな態度を感じると、むなしくなったりムっとしてしまう

・それらの感情を無意識に感じないよう、抑えながらやるので、やればやるほど無意識でストレスはたまり、ボランティア組織への不満、問題点を放置する上の人達への不満がどんどん募ってしまう

・どうせお金もらってないし、と、嫌なことがあると投げ出したくなる、つい適当になる

(実際自分は身体が動かなくなるくらい追い詰められてしまい、いきなり全部投げ出しちゃいましたf^_^;)

(そして適当にやってしまった事、自分勝手に判断してしまった事もあります)

・企業や組織はちゃんと利益をあげている。その上で、さらなる利益追求のためにボランティアをたくさん募集している

・もしそれが信じられないなら組織の財務諸表を見てほしい

・ただ働きのボランティアを募集するくらいなら、財務諸表はガラス張りで公開すべきでは?

・みんなが進んでボランティアをするよう、「ボランティアをする人は善い人、徳が高い人」という刷り込みを幼少期から行っている

最後までご覧いただきありがとうございます☆