宿題なしのフィンランドどころじゃない!?寺子屋は世界最先端!

「宿題がないのに日本より学力や仕事効率、幸福度までが高い国、または高水準の国」

そんな国があるんですよね Σ(・ω・ノ)ノ!

国際学力比較調査で、常に世界トップクラスの学力を誇るフィンランドの子供たち。自由で穏やかなイメージを持つフィンランドですが、その教育法にはどんな秘密が隠されているのでしょうか?追求してみました!
教育ってこういうことだったの?ここまで違うか!オランダ式教育をみるとつい考えてしまいまいたくなります。


↑教育先進国 オランダ 驚きの教育法 イエナプラン|YouTube

10分たらずの動画ですが、最初の数分見るだけで一気に目が醒めるはずです。

・宿題なし

・テストなし

・チャイムなし

・4〜5歳でグループディスカッション、、

それでいて日本並みかそれ以上の学力だったり、労働生産性が日本の1.5倍だったり。

そんなこと聞いちゃうと、

自分たちが毎日のように宿題と向き合っていること、

子供に強制的に宿題をやらせていること、

親も家庭もそれでピリピリしていること、

子供の習い事や遊び、自由な時間、家族で出かける時間が制限されていること、

正直バカらしく感じませんか? (≧ヘ≦ )

ちなみにうちはそんなストレスで辛いなか、下のリンク先の記事を読み、

「そうだよね!やっぱりおかしいよね!」と、

思い切って方針を切り替えました。

具体的に書くといろいろあるのでちょっとこの場ではお話しできませんがf(^^;)

気になる方は個別に聞いてください♪

さて、皆さんは「寺子屋」についてどんなイメージをお持ちですか?

自分は正直、「原始的な学校」程度にしか見ていませんでした。

けど実は、フィンランドやオランダを飛び越して、世界最先端と思われる教育システムがあったようです。

★具体的な寺子屋や江戸の特徴

・今のように6歳になったから入学とかではなく、その子の能力やペースを大切にしていた。

・「学年」もなく、異年齢が一緒に学んでいた。

・年下が年上に教えることもあったし、お互いに相手を尊重していた。

・なんと、大人が一緒に学ぶこともあったそうです。

・生活に必要なことだけを教えていたので、1日2~3時間で終了し、その後は好きなことをしたり、家の手伝いをしていた。

・習ったことを、家の手伝いにも活かしていた。

↑今は宿題として「家の手伝い」が出るくらいですよねf(^^;) それも親としては負担に感じてしまう。。

・寺子屋で習う期間も2~3年で終わり、その後は日常の生活とかから興味を持った仕事の職人さんのもとにいき、直接ノウハウを習う。

・興味を持った内容なので、モチベーション高く習えた。教える側も誇り高く、必要に応じて厳しく。

・そして今の技術でもできないような、「クギ1本使わず橋をつくる」ようなこともできた。

・それは机上の理論からというよりは、「もっとこうしたい」といった興味、探求心から。

・識字率は90%以上(けど、日常に必要のないことまでは教えていない)

・おかげで貴族ではない庶民でも文化を持てた。これはその当時日本くらい。

・それまでの幕府や他の国は、庶民の学力があがることで抵抗されることを恐れた。

・仕事も1日4~5時間くらいで、夫婦も地域も、今よりずっと良好な関係

いつもポチポチしていただいて、ありがとうございます。マウスの中ボタン(コロコロするやつ)でクリックしても、画面が切り替わらずにポチれるそうです^^ マウスに中…
フツーに生きている人間が覗いてしまった・・不思議な世界! これを知ったら、あなたももう普通の世界には戻れなくなるかも知れませんよ!

↑この2つのリンク先はどちらも似ていますが、

下の方は「寺子屋と今の学校の違い」や「宿題の問題点」についてより具体的に書いてあるのでおすすめです。

★ 江戸時代の暮らし、男女、性

少し余談ですが、江戸時代は寺子屋以外でも本当に素晴らしい、

ストレスのない心地良い時代だったそうです。

けど今の歴史で習うことは、

明治維新やそこから今に続く権力を正当化するために、

「江戸はひどかった」ことにされているそうです。

具体的な江戸の特徴は、

・男女は今よりフリーセックス、フリー恋愛って形で、生まれた子はみんなで育てる。

・性に厳しかったのは貴族たちだけ (なのに、時代劇などでそれを庶民にまであてはめている)

・遊郭も、思っているほどのものではない

・女性はお客を選べたし、一晩にたくさんの人を相手とかではなかった。

・社交場として、女性のお仕事の一つとして、尊重されていた。

・服も今のように「毎日違うものを着るために何枚も持たなきゃ、、」ではなく、清潔でいられたらそれで良かった。

・そもそも空気や土地がきれいで、自然のエネルギー、イオンで満たされ自然と洗われていた。

・今のように脂っこいものよりも自然のものを多くとっていた。

・だから、お風呂も毎日入らなくてもそんなに汚れたりしなかった。

・除菌、殺菌とむきにならなかった(除菌、殺菌をするほど人間は弱くなるそうです。菌に良い菌、悪い菌はないそうです)

いつもポチポチしていただいて、ありがとうございます。マウスの中ボタン(コロコロするやつ)でクリックしても、画面が切り替わらずにポチれるそうです^^ マウスに中…

・そんなに病気にもならなかった

いつもポチポチしていただいて、ありがとうございます。マウスの中ボタン(コロコロするやつ)でクリックしても、画面が切り替わらずにポチれるそうです^^ マウスに中…
いつもポチポチしていただいて、ありがとうございます。マウスの中ボタン(コロコロするやつ)でクリックしても、画面が切り替わらずにポチれるそうです^^ マウスに中…

「これ食べたら太る、、」、「これしないと病気になる」といった思考や口グセがそれらを引き寄せてしまうですΣ(・ω・ノ)ノ  )

・重税に苦しんでいたわけでもない

・藩への一揆が多かったのは、一揆を知った幕府が、「この藩はいったいどうしたんだ」と指導を入れるので、そのためのアピールだった。

・日ごろから幕府は農民や藩に「農民あってこその藩、農民あってこその幕府」ということを説いていた。

・夫婦関係、地域関係も良好。

・それは「必要以上に干渉しない」ことをしっかりわきまえていたから

・何かをやりたい時は「同じ気持ちの人がいれば一緒にやるし、特にいなければ一人でやる」という軽い考え方

・決して強制参加やムリな募集ではない

だったそうです(^^)

★参考記事

今日の 破・常識!結婚制度は 男性社会の支配者が作ったもの!テラ(地球)が見ていた日本の歴史の真実! 67縄文時代以来 久しぶりにムーの波動が大きな 平和な時…
いつもポチポチしていただいて、ありがとうございます。マウスの中ボタン(コロコロするやつ)でクリックしても、画面が切り替わらずにポチれるそうです^^ マウスに中…

最後までご覧いただきありがとうございます☆